転職エージェントに何でも相談しましょう

ロゴ
トップページ
<エージェントを上手に活用する>
今の会社で働き続ける事に疑問を感じたり、将来性というものに対し、不安を感じる時があると思います。 思い切って転職活動に踏み切る際は、エージェントを上手に活用する事をお勧めします。 彼らはプロとして、私達の転職活動を全面的にサポート、バックアップして下さいます。 最初から慣れている人等、いるはずもありません。 履歴書や職務経歴書の修正、頭を悩ませがちな応募動機の書き方に至るまで、きめ細かくアドバイスを下さるはずです。 一人ひとり、志望する業種や職種が異なるからこそ、痒いところに手が届くようなサービスを受けたいものではないでしょうか。 いつまでに内定を獲得し、働き始めたいのか、どんな会社で働きたいのか等、思っている事を全て伝え、普段から意思疎通を図っておく事が大切です。 時には書類選考の段階で落とされたり、面接で応募先から断られるケースもあります。 そんな時は、私達の立場に立って悩み、励まして下さる存在になると思います。 エージェントは数多くの転職希望者を見てきただけではなく、企業の人事担当の方と交流を持っていますので、どのような人材を求めているのかを瞬時に判断出来る可能性が高いと言えます。 内定を獲得する事が目標ではなく、内定を獲得した後、その職場で働き、労働の対価として給料を頂く事が目標なのです。 だからこそ、遠慮する事無く、エージェントにしっかりと何でも話しておく事が大切です。 新たに踏み出そうとする背中を、そっと押してくださる存在だと言えます。

<プロの目で選んでもらうのがポイント>
かつての日本は終身雇用社会といわれ、高卒や大卒で企業に就職したら定年まで働き続けるというのが基本でした。 勤務年数とともに収入が上がり、定年時には大きな退職金も期待できたのです。 しかし、現在は高度成長期のような企業の利益も雇用者の年収も右肩上がりの時代は終わりました。 今は能力主義や成果主義も導入され、実力がなければ思うような収入が得られなくなっています。 一方で、働く側も企業を選んだり、1つのところで働き続ける人ばかりではなくなり、よりよい環境を求めて転職をする人が増えています。 もっとも、こうした状況で転職難民も生まれています。 良かれと思って仕事や職場を変えたのに、期待していたような環境や待遇が得られないというケースが少なくありません。 これは職場に問題があるというよりも、選び方が間違っているケースが多いのです。 そのため、こうした方は何度でも同じ失敗を繰り返し、なかなか自分が望む仕事や職場にありつけずにいます。 そこでおすすめしたいのが、転職エージェントです。 自分に千里眼がないのですから、プロの目で選んでもらうのがポイントです。 実は彼らには秘密があります。 この点、就職を希望する人が応募先の企業をリサーチするといっても、限界があります。 面接での担当者の対応をチェックするのがせいぜいで、企業内部を知ることはできず、働いてみて初めて分かることが多いかもしれません。 ですが、エージェント担当者は企業に足しげく通い、働く環境や働きやすさなどを徹底リサーチしています。 持っている情報が違うため、間違いが少ないのです。


Copyright(c) 転職エージェントに何でも相談しましょう. All right reserved.